アイシールが専門カフェ開業視野 ネパール産コーヒー豆を大手商社と取引

更新日:2013年 1月23日 (水)

 岡崎市指定の障がい者就労継続支援事業所のアイシール(本社岡崎市森越街山王36の1、窪田康人社長、電話0564・64・3174)は、ネパール産コーヒー豆の販売に本腰を入れる。これまで主だったインターネット販売に加え、このほど大手商社との取り引きが決まった。「将来的には専門カフェの開業も視野に入れている」(神谷健仁イノベーションサービス岡崎事業所所長)とし、販路拡大を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 1月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年1月 > 23日 > アイシールが専門カフェ開業視野...