東陽倉庫が太陽光「売電」を展開、専用設備を倉庫屋上に拡大

更新日:2013年 1月19日 (土)

 東陽倉庫(武藤正春社長)は、既存倉庫に太陽光発電設備を設置するなど環境保全への取り組みを拡充する。2012年12月、栃木県にある宇都宮3号倉庫の屋上に太陽光発電設備を設置。今年3月には千葉県の市川倉庫の屋上にも設置する予定。今後も、太陽光発電設備や倉庫内照明のLED(発光ダイオード)への切り替えなど、年間6千万円ほどを環境保全対策に投資していく方針だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 1月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年1月 > 19日 > 東陽倉庫が太陽光「売電」を展開...