「町のお医者さん」 星ヶ丘マタニティ病院(千種区) 増える子どもの心身症、情緒豊かにする支援を

更新日:2013年 1月17日 (木)

 星ケ丘マタニティ病院は、昭和53年の開院当初は、クリニックを名乗り、診療科も産科・婦人科のみだった。その後小児科、内科、心療内科、歯科口腔外科と徐々に診療科を増やし、5年ほど前からは再生医療科も新設、規模の大きな病院へと変容してきた。が、地域住民にとっては「星ケ丘マタニティ」で通じる老舗クリニックだ。同病院で副院長を務める小児科医の井口敏之医師は、小児科領域の中でも特に子どもの心身症を専門に診る。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 1月17日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年1月 > 17日 > 「町のお医者さん」 星ヶ丘マタ...