「エブリデープラス=テクノロジー=技あり一本」 ミツカンがたれ一体型の納豆容器 ふたにたれを密封

更新日:2013年 1月15日 (火)

 食卓に欠かせない納豆。だが、たれの袋を開ける時に手を汚してちょっと不快になることがある。そんな不満を解消しようとミツカン(本社半田市)が開発したのが、たれ一体型容器「パキッ!とたれ」。外観から一見しただけでは従来の納豆容器と変わりないが、ふたを切り離し、上から指で一押しすると、パキッとふたが2つに割れて下からたれが出てくる。ふたの容器のまん中をあらかじめくぼませ上にフィルムを張ることで、くぼみに液体たれを密封するという仕組みだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 1月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年1月 > 15日 > 「エブリデープラス=テクノロジ...