甍ソーラーが瓦と一体の太陽光発電システム開発

更新日:2013年 1月11日 (金)

 太陽光発電システムの開発販売を手がける、甍(いらか)ソーラー(本社名古屋市中区千代田3の21の1、小栗和彦社長、電話052・265・7811)は、陶器瓦と一体型となった太陽光発電システム「甍ソーラーシステム」を開発した。今春にも発売する。陶器瓦の耐久性に加え、独自設計で一切工具を使用しないワンタッチ施工を可能にし、施工性を高めた。売り上げ目標は2013年7月期は1億5千万円、14年7月期は14億円を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 1月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年1月 > 11日 > 甍ソーラーが瓦と一体の太陽光発...