風味と食感損なわず復元 若菜が新発想の乾燥漬物発売

更新日:2012年 12月11日 (火)

 漬物や関連商品の生産と販売を手がける若菜(本社愛知県蟹江町蟹江本町46、山田謹一社長、電話0567・95・3111)は、新発想の乾燥漬物を商品化し、東京の銀座にある店舗で販売を開始した。製造段階に低温減圧乾燥法を採用、漬物本来の風味と食感を再生。旅のアイテムとして中部国際空港や羽田空港などの売店でも販売しているほか、名古屋市内でも売り出す予定。月間1万パックの販売をめざす。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 12月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年12月 > 11日 > 風味と食感損なわず復元 若菜が...