「エブリデープラス=テクノロジー=技アリ一本」 豊臣工業 木質ペレットストーブ バーナーの穴がミソ、炎均一

更新日:2012年 12月11日 (火)

 間伐材などを圧縮成形した木質ペレット。もともと二酸化炭素(CO2)を吸収した木材を燃焼するため、カーボンニュートラル(炭素循環)の燃料として注目を集めている。そんな木質ペレットを燃料にするペレットストーブを設計販売するのが、豊臣工業(本社名古屋市瑞穂区)。自然の木が燃える柔らかな揺らぎの炎は、さまざまな技術に支えられている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 12月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年12月 > 11日 > 「エブリデープラス=テクノロジ...