河合果樹園が新食感の果実「レモネーディア」、2年後めどに収穫量4倍へ

更新日:2012年 12月 7日 (金)

 「無農薬レモン」で有名な河合果樹園(本社豊橋市中原町字南37の1、河合浩樹代表、電話0532・41・2033)は2年後をめどに、新感覚のフルーツ「レモネーディア」の収穫量を現在の1トン弱から3~4トンに大幅に増やす方針だ。売れ筋の果樹に経営資源を振り向けることで、事業採算性をもう一段高める。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 12月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年12月 > 7日 > 河合果樹園が新食感の果実「レモ...