年末年始、財布のヒモ緩むか 東海の外食産業、長い連休に期待

更新日:2012年 12月 7日 (金)

 長い冬休みの前に盛大な忘年会―。年末の宴会需要が伸びている。ことしは冬休みの曜日配列が良く、1月4日に休暇を取れば9連休も可能。長期連休の前に盛り上がろうという作戦のようだ。飲食店には震災後の落ち込みから回復していた昨年を上回るペースで予約が入っている。消費増税を控え、飲食店にとって厳しい環境が続く。中部地域の飲食各社は当面の最需要期である年末年始に全力投球だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 12月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年12月 > 7日 > 年末年始、財布のヒモ緩むか 東...