三菱電機が中国向け廉価版NC装置を来夏、現地でKD生産

更新日:2012年 12月 7日 (金)

 三菱電機(山西健一郎社長)は、2013年7月以降にも、機能を絞り込んだ廉価版のNC(数値制御)装置を中国で生産開始する。NC装置は、工作機械の動作を制御する「頭脳装置」。名古屋製作所(名古屋市東区)から基幹部品を輸出し、中国でKD(現地組み立て)生産する。稲葉元和産業メカトロニクス事業部長は、「中国現地ユーザーの制御機器需要拡大に対応する」と強調。消費地生産体制を強化し、販売シェア拡大を狙う。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 12月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年12月 > 7日 > 三菱電機が中国向け廉価版NC装...