3次元CADを学生へ「伝道」、CREが航空宇宙系の設計者確保狙う

更新日:2012年 12月 5日 (水)

 航空宇宙関連の設計開発を手がけるシーアールイー(略称CRE、本社名古屋市中区金山1丁目2の2、大脇修社長、電話052・323・7731)は、3次元CAD「CATIA」を利用した設計技術を学生らに広める活動を拡充する。設計という仕事に興味を持ってもらうことで、将来的な自社の人材確保につなげるとともに、地域貢献に貢献する狙いもある。金城学院大学の学生向けに設計の無料セミナーを実施しているほか、航空宇宙関連の展示会やフェアなどの場にも積極的に提供している。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 12月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年12月 > 5日 > 3次元CADを学生へ「伝道」、...