豊田調剤薬局が来夏、山間部に初出店 「医療過疎」解消めざす

更新日:2012年 11月28日 (水)

 調剤薬局を多店舗展開する、豊田調剤薬局(本社豊田市日南町1の24の2、黒土大介社長、電話0565・35・3531)は年8月、山間部に初出店する。豊田市下山地区で、内科医院の隣地に、フランチャイズチェーン(FC)の薬局を開設する。今後の店舗拡大を見据え、山間部での薬局運営のモデルケースを構築する考え。地域性にあわせた出店ノウハウを蓄積し、多様な出店ニーズに対応できる体制づくりを目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 11月28日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年11月 > 28日 > 豊田調剤薬局が来夏、山間部に初...