兼松製瓦工業がいぶし瓦製法生かした和雑貨を商品化

更新日:2012年 11月21日 (水)

 いぶし瓦製造、屋根工事請負を手掛ける兼松製瓦工業(本社岐阜県加茂郡坂祝町黒岩1387の9、兼松照義社長、電話0574・26・7605)は、いぶし瓦の製法を活かした和雑貨の販売に力を入れている。照明はじめ、置物、蚊やり器、茶香炉などをそろえる。同社では「いぶし瓦の良さを伝えたい」とし、オリジナル製品の製造にも対応していく考え。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 11月21日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年11月 > 21日 > 兼松製瓦工業がいぶし瓦製法生か...