協組名古屋テクノが消費電力大幅に抑えるパイプ切断機開発

更新日:2012年 11月13日 (火)

 複数の中小企業が得意分野の技術を集めて研究・開発をする協同組合名古屋テクノ(名古屋市緑区浦里3丁目116、木村方根理事長、電話052・891・6150)は、既製品よりも消費電力を大幅に抑えることが可能なパイプ切断機を開発した。2013年春をめどに量産をはじめ、当面は年間5台を生産。5千万円の売り上げを目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 11月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年11月 > 13日 > 協組名古屋テクノが消費電力大幅...