佐藤鉄工所が炭素繊維強化プラ射出成形機の量産化基礎技術を確立

更新日:2012年 11月13日 (火)

 大型機械装置の製造を手掛ける佐藤鉄工所(本社名古屋市港区九番町3の42、佐藤安弘社長、電話052・661・0176)は、新素材として期待が集まる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の射出成形機を開発している。その基礎技術を確立した。自動車や航空機などの分野を中心に、新素材の活用範囲の広がりを見込む。将来的には売り上げの5割程度を占める主力製品とする考え。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 11月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年11月 > 13日 > 佐藤鉄工所が炭素繊維強化プラ射...