ヤマザキマザックが新工場に「地下」構想 高精度実現する密閉性や省エネ、「美濃加茂」隣接地で検討

更新日:2012年 11月13日 (火)

 ヤマザキマザック(本社愛知県大口町、山崎智久社長)が、美濃加茂製作所(岐阜県美濃加茂市)の隣接地で検討中の新工場構想について、「地下工場」を有力な選択肢としていることが分かった。開設時期や投資額など詳細は未定だが、実現すれば2カ所目の地下工場となる。既存の地下工場は、高精度につながる密閉性や省エネ効果が高いことなどで定評がある。工作機械最大手による国内新工場構想が一層注目されそうだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 11月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年11月 > 13日 > ヤマザキマザックが新工場に「地...