水上食品が北海道産大豆の新品種で煮豆製品3種類を開発

更新日:2012年 10月27日 (土)

 煮豆、つくだ煮の製造卸を手がける水上食品(本社北名古屋市井瀬木高畑24の2、水上眞二社長、電話0568・21・0752)は、北海道産大豆の新品種「タマフクラ」を使った煮豆製品3種類を開発した。国産にこだわった高付加価値製品を投入することで歳暮商戦向けやOEM(相手先ブランドによる生産)を拡大。初年度、10トン程度の供給をめざす。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 10月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年10月 > 27日 > 水上食品が北海道産大豆の新品種...