東海ゴム工業が反日デモの影響で今3月期は70億円減収見通し

更新日:2012年 10月27日 (土)

 東海ゴム工業の西村義明社長は26日、反日デモの影響で2013年3月期の売上高が70億円程度減るとの見通しを明らかにした。日中関係の悪化のあおりで日本車の販売不振が続いており、自動車部品の販売が落ち込んでいるため。エコカー補助金効果で12年4~9月期決算は増収増益の好決算だったが、反日デモで経営環境は一変し通期の業績見通しを下方修正。自動車関連メーカー各社は下期にかけて厳しい決算を強いられそうだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 10月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年10月 > 27日 > 東海ゴム工業が反日デモの影響で...