「老舗探訪」 昭和土建 1913年創業 民間建築で品質意識を変革

更新日:2012年 10月24日 (水)

 土木業から製材、建築、不動産業などを手がける昭和土建。創業は1913年(大正2年)で来年は100周年の節目を迎える。これまでの同社は尾張一宮駅前ビル(iビル)建設(企業体)などの公共工事から民間需要まで幅広く取り込むことで業容を広げてきた。環境保護への取り組みも熱心で、「社会的責任(CSR)を果たすことで地域に貢献したい」(尾関栄司社長)と積極的な姿勢を見せる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 10月24日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年10月 > 24日 > 「老舗探訪」 昭和土建 191...