渡辺製作所が大型スクリュー加工機導入、工場新設で一貫製造

更新日:2012年 10月24日 (水)

 射出成型機や押出機用スクリュー、シリンダーメーカーの渡辺製作所(本社各務原市鵜沼川崎町2の143、渡辺正彦社長、電話058・389・3701)は、大型万能スクリュー加工機を導入する。同機の導入に合わせ、各務原市内の同社第2工場敷地内に新工場を建設する計画。投資総額は約5億円。スクリュー製品の量産体制を整え納期短縮を図るとともに、大型スクリュー製品のラインアップを拡充したい考え。2014年春の稼働を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 10月24日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年10月 > 24日 > 渡辺製作所が大型スクリュー加工...