「エブリデープラス=テクノロジー」 岐セン ビンテージ調ナイロン素材 「綿」と織り密度で強度調整

更新日:2012年 10月23日 (火)

 変化が激しいファッション業界。それを支える繊維産業は「開発なくして明日の飯は無い」と言われるほど激烈な開発競争を繰り広げている。染色業の岐セン(本社瑞穂市、伊藤勇社長)はナイロン素材を白く毛羽立たせてビンテージ調に仕上げる加工技術を開発。そこには『合成繊維は変化が少ない』という定説にとらわれない挑戦があった。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 10月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年10月 > 23日 > 「エブリデープラス=テクノロジ...