飛騨産業がヒノキ合板の特徴を家具に活用

更新日:2012年 10月 9日 (火)

 木工家具メーカーの飛騨産業(本社高山市漆垣内町3180、岡田贊三社長、電話0577・32・1001)は、岐阜県産ヒノキ合板の利用促進に向けた県のプロジェクトに参画し、ヒノキ合板の特徴を生かした家具を製品化した。11日から開かれる「第42回建築総合展NAGOYA2012」に出展する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 10月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年10月 > 9日 > 飛騨産業がヒノキ合板の特徴を家...