富士特殊紙業が水性グラビア印刷機を独自開発、油性に匹敵する生産速度実現

更新日:2012年 9月26日 (水)

 印刷業の富士特殊紙業(本社瀬戸市暁町3の143、杉山仁朗社長、電話0561・86・8511)は、最新鋭の水性グラビア印刷機を独自開発、このほど同社筑波工場で稼働を開始した。平均的な生産速度が分速200メートル以上と、油性グラビア印刷機に匹敵するスピードを実現。また、乾燥エアを再利用して熱効率を上げることでランニングコストも低減した。杉山社長は「本格稼働後は、生産能力を従来の3割増に引き上げたい」と話している。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 9月26日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年9月 > 26日 > 富士特殊紙業が水性グラビア印刷...