浜松信金が5年間で15店を建て替え・移転

更新日:2012年 9月11日 (火)

 浜松信用金庫(御室健一郎理事長)は、2012年度から16年度までの5年間に約15店の建て替え・移転を行う方針だ。営業店の利便性をより一層高めると同時に、営業店ごとの役割も鮮明にする。不況が長期化し資金需要が伸び悩むなか、金融機関同士の競争が激化している。顧客の利便性向上につながる店舗への投資を優先し、競争優位性をもう一段高める。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 9月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年9月 > 11日 > 浜松信金が5年間で15店を建て...