「エブリデープラス=テクノロジー」 ヤマハ発動機 パフォーマンスダンパー 自動車の振動、騒音を抑制

更新日:2012年 9月11日 (火)

 ヤマハ発動機が2001年に世界で初めて商品化した自動車部品「パフォーマンスダンパー(PD)」は、自動車の乗り心地を左右する振動、騒音を抑制する。スポーツカーなどに標準装備されているほか、アフターパーツ(後付け部品)としても販売されている。ただ、振動、騒音などを制御するのはボディーの設計・開発を担う自動車メーカーの領域。ヤマハ発は柔軟な発想で常識の壁を打ち破り、新しい需要を創造した。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 9月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年9月 > 11日 > 「エブリデープラス=テクノロジ...