知多市のLNG基地、本年度タンカー受け入れ最高予想、原発停止で火力伸びる

更新日:2012年 9月 8日 (土)

 知多市にあるLNG(液化天然ガス)の受け入れターミナルでLNGタンカーの入港が増えている。8月は1カ月当たりで過去最高の16隻を受け入れた。2012年度の受け入れ数は昨年度の152隻を上回り、過去最大となる見通し。中部電力が浜岡原発停止に伴い、LNGを多く使う火力発電所の稼働を増やしているためだ。これまで知多に入港したことがないタンカーも増えている。受け入れ業務を担当する会社は、担当者を増員するなど万全の態勢を敷いている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 9月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年9月 > 8日 > 知多市のLNG基地、本年度タン...