「おしえて! ドクター」 Kこどもクリニック院長・笠井啓子さん 小児科も精神科の領域に近づく

更新日:2012年 8月23日 (木)

 赤いりんごの看板に「Kこどもクリニック」の文字が踊る。ドアにもりんご。スタッフの襟元にも。「うちのシンボルなんです」と笑顔で迎えてくれたのは小児科医笠井啓子先生。
 ログハウスに使われるパイン材がふんだんに使われた待合室には、診察を終えても帰りたくない子どもたちが本を読んだり遊んだりしている。クリニックというより、保育園か学童保育のよう。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 8月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 23日 > 「おしえて! ドクター」 Kこ...