節電数値を「見える化」、ナゴヤキャッスルが対策強化

更新日:2012年 8月23日 (木)

 ナゴヤキャッスル(本社名古屋市西区樋の口町3の19、越川健一郎社長、電話052・521・2121)が、節電対策を進めている。同社は昨年3月の東日本大震災後に立ち上げた「節電プロジェクト」を今年度も継続し、削減数値の「見える化」を推進する。7月の削減状況は、前年同月比で8・17%減。昨年実績の7・26%減をやや上回ることができたという。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 8月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 23日 > 節電数値を「見える化」、ナゴヤ...