天狗缶詰が5年間保存が可能なおでん缶開発

更新日:2012年 8月 9日 (木)

 学校給食や、外食産業向けの業務用缶詰を製造する天狗缶詰(本社名古屋市中区金山1の12の14・金山総合ビル6階、伊藤圭太郎社長、電話052・300・5555)は、5年間常温保存が可能なおでん缶「こてんぐ おでん」を開発した。9月1日の「防災の日」に向け、防災力底上げのため、非常食としてPR。同社の通販サイトなどで拡販する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 8月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 9日 > 天狗缶詰が5年間保存が可能なお...