大同特殊鋼の本年度小集団現場改善はコスト圧縮目標47億円

更新日:2012年 8月 7日 (火)

 大同特殊鋼(嶋尾正社長)は、小集団の現場改善活動「JK活動」による2012年度のコスト削減目標を47億円に設定した。国内全8工場が対象で、11年度実績比3割増の改善を目指す。1製品あたりに要する生産時間(リードタイム)の短縮や歩留まり改善の取り組みを加速。収益基盤を強化する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 8月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 7日 > 大同特殊鋼の本年度小集団現場改...