フジデノロが家庭向け炭酸泉生成装置

更新日:2012年 8月 3日 (金)

 プラスチック部品製造のフジデノロ(本社小牧市多気南町361の1、渡邊樹志社長、電話0568・73・7575)は、一般消費者向け製品事業に参入する。第1弾として、自宅で気軽に炭酸泉入浴ができる生成装置「Bda(ビーダ)」を開発した。非電源方式で炭酸ガスボンベとタブレットが併用でき、価格を10万円以下に抑えたのが特徴。ネット通販や口コミを基本に、当面、美容院やスーパー銭湯などへ売り込みを図る。初年度は5千台、3年後に月間1千台の販売をめざす。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 8月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 3日 > フジデノロが家庭向け炭酸泉生成...