ゴトープラスチックが部品箱らくらく移動OKのブロー成形平台車開発へ

更新日:2012年 8月 3日 (金)

 自動車部品製造のゴトープラスチック(本社名古屋市西区、後藤真介社長)は、物流機器業界向けに販路を拡大する。得意のブロー成形技術を活用し、高齢者や女性が利用しやすい、部品箱を移動させる平台車の開発に乗り出した。今年秋以降に業界向け展示会に出展。2013年度に1万台の販売を目指す。主力の自動車向けは、取引先の海外生産が拡大している。新たな販路を開拓し、収益基盤を強化する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 8月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 3日 > ゴトープラスチックが部品箱らく...