「エブリデープラス=マネジメント」 トヨタケーラム 評価に他部署部長を指名、第三者視点で考課に公平性

更新日:2012年 8月 2日 (木)

 CAD/CAMなど設計支援システムの開発、販売のトヨタケーラム(本社名古屋市中区、吉見淳一社長)は、昇給に影響する人事考課の際に、年1回「指名考課」を実施している。これは、被考課者(評価を受ける人物)が直属の上司とは別の室長、部長を指名して考課をしてもらえる制度だ。直属の上司以外の視点を入れることで、考課の公平性を高める効果がある。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 8月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 2日 > 「エブリデープラス=マネジメン...