ヒメノがメガソーラーに新工法

更新日:2012年 8月 2日 (木)

 総合建設業のヒメノ(本社名古屋市東区、大野博志社長)は、メガソーラー(大規模太陽光発電所)用の基礎に独自開発の鋼管くいを使用する新工法を施工業者2社と共同開発した。通常のコンクリート基礎と比べ、コストは約3割削減、工期は約半分に短縮できる。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の開始を受け、太陽光発電事業への新規参入が見込まれる。低コスト、短工期を武器に受注獲得を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 8月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 2日 > ヒメノがメガソーラーに新工法...