「風読み」 相次ぐ既存店新築移転 中部の金融機関が「絆」構築で知恵絞る

更新日:2012年 7月31日 (火)

 地域金融機関が、既存店舗の新築移転を相次いでいる。店舗の老朽化が主な要因だが、最近は単純な移転ではなく、プラスアルファの要素を踏まえたのが特徴だ。一歩踏み込んだ地域との共生、新しい交通要所への出店、顧客ニーズに合わせた店内レイアウト。地域に密着した金融機関として、地元住民と新たな絆を構築するために知恵を絞っている。取り組みを追った。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 7月31日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年7月 > 31日 > 「風読み」 相次ぐ既存店新築移...