樽政本店が付加価値きしめん拡充に力

更新日:2012年 7月30日 (月)

 製麺業の樽政本店(事業本部みよし市三好町西荒田39、樽田明典社長、電話0561・32・9292)は、きしめん製品の拡充に力を注ぐ。うどんの麺が小売りの現場で格安で販売されるため、製麺業界では価格競争が加速している。同社はこの流れとは一線を画そうと、食文化の発信という付加価値を持たせられる、きしめんの普及に活路を見いだす。5年後をめどに、きしめんの売り上げ構成比を20%まで引き上げる考え。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 7月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年7月 > 30日 > 樽政本店が付加価値きしめん拡充...