香月堂が中計で売上高倍増、200億円目標

更新日:2012年 7月10日 (火)

 和洋菓子メーカーの香月堂(本社豊川市西島町袖見8、大岩孝彰社長、電話0533・84・6638)は、2022年3月期を最終年度とする、向こう10年の長期経営計画を策定した。最終年度までに連結売上高を12年3月期実績に比べ倍増の200億円、売上高経常利益率10%以上―などの目標を盛り込んだ。スティック状のチーズケーキなどチルド(要冷蔵)菓子の品ぞろえを強化するほか、生産能力を大幅に増やし成長を加速させる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 7月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年7月 > 10日 > 香月堂が中計で売上高倍増、20...