中部EENが建造物の劣化診断事業を拡充

更新日:2012年 6月27日 (水)

 コンクリート建造物の診断業務などを手掛ける中部EEN(本社名古屋市昭和区福江2の9の33・名古屋ビジネスインキュベータ白金3階、衣笠貢司社長、電話052・693・6301)は、デジタル画像による構造物の劣化診断システムの事業領域を広げる。マンションやホテルなどの建築物中心から、公共構造物の診断に本格的に着手。同システムの2013年2月期の売り上げを前期比倍増の3億円に引き上げる考え。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 6月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年6月 > 27日 > 中部EENが建造物の劣化診断事...