トヨタ、北米で環境車強化

更新日:2012年 6月26日 (火)

 トヨタ自動車は、ハイブリッド車(HV)を中核とする環境対応車の海外生産計画を固めた。年内にも米ケンタッキー工場で新型セダン「アバロンHV」、カナダ工場でスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」の電気自動車(EV)を現地生産。2013年後半には米インディアナ工場でSUV「ハイランダーHV」の生産を始める。14年には米国で主力HV「プリウス」を基幹部品から一貫生産する。仏バランシエンヌ工場でも新型小型車「ヤリスHV」の生産を始めた。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 6月26日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年6月 > 26日 > トヨタ、北米で環境車強化...