宮﨑本店、甲類焼酎「キンミヤ」販売好調

更新日:2012年 6月14日 (木)

 三重県を代表する清酒「宮の雪」の蔵元として知られる宮﨑本店(本社四日市市楠町南五味塚972)。いま販売好調なのが、甲類焼酎「キンミヤ」だ。関東の居酒屋などで大人気のキンミヤは、かつて低価格競争に苦しんだ。しかし、約10年前、利益率の低い大瓶を値上げし、エンドユーザーにラベルが見える小瓶の販売へシフトし、ターゲットを明確に設定し販売手法を変えたことが会社の危機を救った。起死回生の軌跡をたどった。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 6月14日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年6月 > 14日 > 宮﨑本店、甲類焼酎「キンミヤ」...