「ふれあいの館」引き継ぎ 川原製茶、道の駅運営へ

更新日:2012年 5月30日 (水)

 緑茶、伊勢茶を製造・販売する川原製茶(本社三重県多気町丹生1786、川原登社長、電話0598・49・3036)は6月1日、三重県多気町にある「ふれあいの館」の事業を引き継ぎ、道の駅としてリニューアルオープンする。地域貢献とともに、顧客との触れ合いを通し新たなビジネスモデルを模索するのが狙い。内容は一新し、地元の主婦や料理人が集まって料理を提供する食事スペースの新設や、伊勢茶ソフトクリームなどオリジナル商品を提供する喫茶店の運営も始める。年間1億円の売り上げを目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 5月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年5月 > 30日 > 「ふれあいの館」引き継ぎ 川原...