江洋圧接、大型部品対応の工場始動

更新日:2012年 5月18日 (金)

 金属部品溶接加工の江洋圧接(脇田忠司社長)が一宮市浅井町に建設していた新工場が完成、このほど本格稼働を始めた。これに合わせ本社機能も同地に移転した。加工スペースの拡大で生産性が向上したため、「大型の部品加工などにも対応できる」(脇田社長)とし、収益拡大につなげていく考え。なお、従来の本社は「時之島工場」とした。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 5月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年5月 > 18日 > 江洋圧接、大型部品対応の工場始...