山寿セラミックスがLED基板用サファイア単結晶を9月完成の中部臨空都市空港島の工場月1万枚生産

更新日:2012年 5月 8日 (火)

 山寿セラミックス(本社尾張旭市三郷町角田1123、佐橋家隆社長、電話0561・53・5111)は、LED(発光ダイオード)基板用のサファイア単結晶を、9月に常滑市の中部臨空都市空港島に完成する工場で当面、月1万枚(4インチ換算)、数年後には同5万枚生産する計画だ。同社は昨年同分野に本格参入し、尾張旭市の本社工場で生産を始めた。今後、LED照明の急成長とともに需要拡大が見込めるとして、新工場に設備を移し本格的に量産を開始する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 5月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年5月 > 8日 > 山寿セラミックスがLED基板用...