昭和電機製作所が中国・アジア市場へ本格展開

更新日:2012年 4月18日 (水)

 産業向け駆動制御システムを手掛ける、昭和電機製作所(本社春日井市西屋町中新田84、山本邦弘社長、電話0568・31・3866)は、中国・アジア市場への本格展開を開始した。第1弾として、中国のコイル(鋼帯)加工メーカー向けにシャーリング(せん断)加工機械を販売するため、中国・上海市に全額出資の子会社「昭亜機電上海有限公司」を設立した。また、今月から中国の提携企業でアセンブリーの委託生産を開始する。同社では初年度、年間2億円の売り上げを目標としている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 4月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年4月 > 18日 > 昭和電機製作所が中国・アジア市...