「トップ登板」ジーフット社長・松井博史氏

更新日:2012年 4月13日 (金)

120413Matsui.jpg

「イオングループのスケールメリットを活用し、事業を拡大していく」と話す松井氏

 イオングループで靴の専門店を手掛けるジーフットの新社長に13日、イオンのグループ会社で社長を歴任し、専門店事業の最高経営責任者だった松井博史氏が就任する。「イオングループとの連携強化や海外出店を本格化する」と話す松井氏に今後の成長戦略を聞いた。
 ―就任の抱負から。
 「足元からスタイルや健康の提案をしていきたい。例えば、昨年のクールビズではポロシャツやチノパンなどカジュアルなスタイルを取り入れたコーディネートが増えた。服のクールビズは進んでいるものの、靴はこれから。靴もカジュアルスタイルに合うものを提案していかなければならないと思っている」
 「健康志向の高まりを受け、ウオーキングをする人も増えている。靴の専門店としてやるべきことがたくさんあり、非常に楽しみだ」
 ―イオンとどのように連携していくのか。
 「現在、中国で3店展開しているが、そのうちの2店はイオンのショッピングモール内に専門店として出店している。今後も、イオンが中国など海外で展開するモールに出店していく。今期(2013年2月期)は中国で3店の出店を計画しており、そのうち2店は今月28日にオープンする「イオンモール天津中北」に出店する。中国の既存店は好調に推移しており、来期以降は中国での出店を加速していきたい」
 「海外事業だけでなく、国内でもイオンとの連携を強化する。グループ内のスーパーマーケットに商品を供給する体制を早急に構築していきたいと思っている。今までグループのスケールメリットを十分に生かせていなかったが、今後は連携を強化し事業を拡大する」
 ―今後の経営戦略は。
 「海外出店の本格化、高齢化社会への対応、イーコマース(電子商取引)など成長に向けて描いている戦略を着実に実行していく。既存店も強化し、今期の売上高は前期比8%増となる1千億円を目指す」

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 4月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年4月 > 13日 > 「トップ登板」ジーフット社長・...