「エブリデープラス=グローバル」三光金型 いち早くベトナムへ 創設メンバーが指導

更新日:2012年 4月11日 (水)

 射出成形用金型の中堅メーカー、三光金型(本社みよし市、増田明弘社長)は2000年、中小企業としてはいち早くベトナムに進出した。そして現在までにベトナム子会社を、現地従業員が100人を超える生産拠点に成長させた。その実経験を聞こうと、増田社長のもとには経済団体などから講演依頼が後を絶たない。それだけベトナムへの注目度が高まっているが、増田社長は講演で「進出するには準備と忍耐が必要」と現実をありのままに伝えている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 4月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年4月 > 11日 > 「エブリデープラス=グローバル...