ニットー精器産業、高精度切削加工が可能に

更新日:2012年 4月 6日 (金)

 超精密金型・治工具の製造や加工を手掛ける、ニットー精器産業(本社豊田市明和町7の58、山本範明社長、電話0565・25・1122)は今12月期、工作機械部品の加工などの受注拡大を加速する。リーマン・ショック以降、停止していた設備投資を再開し、短納期・小ロットに対応する生産体制を構築。生産力の強化を訴求し、多様な業種の需要開拓を狙う。前期3億6千万円の売上高を、今期は4億円超を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 4月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年4月 > 6日 > ニットー精器産業、高精度切削加...