東海経済底固め、始動

更新日:2012年 4月 3日 (火)

 東海地方の経済が底固めの段階に入った。2日発表された3月の日銀短観によると、東海地方製造業の業況判断DIはプラス2。前回調査時点の予測のマイナス6から大きく上振れした。急激に進んだ円高に一服感が出て経営環境が改善。株価が1万円を上回る水準を維持していることは個人消費の伸長を連想させ、心理的なプラス要因となっているようだ。トヨタ自動車は4月以降、高水準な国内生産を続け、工作機械の2月の国内受注も2カ月ぶりに前年同月を上回るなど国内企業の設備投資も回復している。年度初めとなった2日、企業の入社式では経営トップから新たな飛躍を誓う言葉が相次いだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 4月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年4月 > 3日 > 東海経済底固め、始動...