コオメイ工業が放射線測定装置を開発

更新日:2012年 2月24日 (金)

 省力化設備メーカーのコオメイ工業(本社刈谷市小垣江町亥新田18の1、高須泰史社長、電話0566・21・1409)は、放射線測定装置「ガンマポスト」を開発した。設置タイプで、放射線量を連続的に定点測定できる。放射線量測定に対する関心が高まる中、企業や行政などでの導入を想定。3月に発売し、年200台の販売を見込む。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 2月24日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年2月 > 24日 > コオメイ工業が放射線測定装置を...