『新たな活路「自ら拓く」中電グループ』 再生可能エネへ領域拡大

更新日:2012年 2月22日 (水)

 東日本大震災を背景に再生可能エネルギーへの期待が高まっており、これに対応する動きも出ている。送変電設備の保守・工事のシーテックは、風力発電事業を三重県で展開している。風力発電の延長線上に太陽光発電や小規模な水力発電を置き、昨年秋、風力発電事業部を再生可能エネルギー事業部に変更した。さらに今年3月、事業部内に太陽光発電事業の専門組織を発足させる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2012年 2月22日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年2月 > 22日 > 『新たな活路「自ら拓く」中電グ...